早漏と年齢の関係

早漏ということを相談した時に「若いからだよ」と言われたことはありませんか?
一般的に、早漏は加齢と共に改善されていく傾向にあると言われています。
それは亀頭や陰茎などが行為に慣れて行き、性的なコントロールが出来るようになるからです。
ですが、それでは全ての早漏患者が年齢を重ねれば治るのかと言うとそうではありません。
逆に今までは通常通りの射精タイミングだったのに歳を重ねるごとに上手くいかない、というケースもあります。

加齢により早漏の症状が出てくることを『衰弱性早漏』と言います。
年齢を重ねると体は衰えていくものです。
それは射精をコントロールする筋肉も例外ではなく、加齢によりその筋肉が弱まることによって射精がコントロールできなくなるのが『衰弱性早漏』です。
この早漏の場合、特徴的なのは本人の意思と関係なくオーガニズムに達する前ににじみ出るような射精をしてしまうことです。
老化による早漏の場合自分の力での改善は難しく、早漏治療薬による治療が効果的です。