プリリジーと抗欝薬の違い

プリリジーとは、医療用PE(早漏症)治療薬です。
今まで早漏症の治療薬と言えば外用薬、つまりクリーム状やスプレー状の薬を直接亀頭や陰茎に塗ることにより射精を遅らせるものが多く販売されていましたが、プリリジーは内服薬、飲むだけで早漏症状に効果があります。
プリリジーはその構造が抗鬱剤に非常によく似ていると言われています。
どちらも短時間作用型SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)という薬に分類されており、とある種類の抗鬱剤の副作用である射精障害を逆手に取って作られたのがプリリジーだとも言われているからです。

ではプリリジーは抗鬱剤なのか?
結論から言ってしまえば構造上は非常によく似ていますが、プリリジーは抗鬱剤の一種ではありません。
この薬で改善されるのはあくまで早漏の症状であり、抗鬱剤のように鬱状態に作用するような効果はありません。
気を付けなければならないのは薬剤の基本的な構造が一緒であるためにプリリジーと抗鬱剤は非常に相性が悪いということです。
もし一緒に服用した場合、抗鬱剤の効果が非常に強く出るようになってしまいます。
抗鬱剤以外でも、同じように精神作用がある薬や片頭痛の治療薬との併用は禁止されています。
プリリジーは脳に作用する薬なので同じ脳に作用する薬とは非常に相性が悪く、服用の際は注意が必要です。

脳に作用する薬と聞いて不安を覚える方もいると思いますが、プリリジーは大規模な臨床臨床治験によってその安全性は保障されています。
もちろん医薬品である以上副作用がまったくないというわけではありませんが、重篤な副作用が出るのは極稀で一部の人に軽い副作用が出る程度、それほど心配する必要はありません。
軽度の副作用としては頭痛、眩暈などがありますが、プリリジー服用時にたっぷりの水と一緒に飲むことで軽減されることもあります。

■あんしん通販薬局は医薬品の個人輸入代行業者です
あんしん通販薬局で詐欺はない